FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MGエクシア(特別版部分)

2009年08月04日 22:40

続きまして、限定版『イグニッションモード』の紹介。

MGエクシア(リペア)その1
2期第一話で見せた衝撃的な姿、リペア形態を再現するパーツの他、
GNドライブを光らせるLEDユニットや、メッキパーツが付属している。

リペアは組み立て式プラモとしては初となるダメージモデルだそうで。
てっきり初代でラストシューティング再現をやっている物だと思ったけどね。

GNドライブのLEDユニットは2個付属。電池はLR41電池を各2個(計4個)使用。
電池はダ●ソーあたりなら2個入りで売ってるので、200円で仕入れられる。
まぁ、更なる裏技があるらしいが・・・

ドライブの前面と背面に仕込み、ひねる事でスイッチのON/OFFになる。
  ※通常版はユニットを仕込まないだけで、ドライブ自体は全く同じパーツ。
ちなみに同じく光る1/100ダブルオーガンダムのLEDユニットとは、
完全に別物で互換性は無いので注意。

MGエクシア(リペア)その2
胸の部分は光を絞り、クリアパーツに掘り込まれた文字が光るように見える仕様。
背中のコーンは、展開した臨界状態も再現可能。
(実際にやったのはリペアIIの時らしいけど)
  ※クリアパーツの文字と臨界状態は通常版でも可能。

先端にはメッキの光受けパーツが内側に仕込まれて、
白い部分から光が透けるのを防いでいる。

特別版ではJ2ランナーがメッキ加工されたピカピカのパーツに。
使用部位は、GNソードとGNロング/ショートブレイドの刃、
GNソードのライフル部の銃口、GNドライブのタービンと光受け用のパーツ。
特に銃口とタービンはメッキの厚みで、はめるのがきつくなってるので注意
タービンは通常版でもきつく、クリアパーツの方に傷が付いた報告が多いようで。
実言うと本体のも・・・orz

MGエクシア(リペア)その3
半壊した頭部は、ティエレンのモノアイを流用したと言うパーツも再現。
ホログラムパーツと頭頂部とヘルメットの左半分とポリキャップは、
ノーマルの頭のパーツをそのまま使うので、
自由に両形態のチェンジ、と言う訳には行かない。
(これは他の部分にも言える事だが)
パーツを増やして、頭ぐらいは2個作るぐらいしても良かったと思うが。

無くなった左腕を隠すマントは、軟質樹脂製のパーツで再現。
大小2枚のマントを接続用のパーツとボールジョイントで接続し、
ある程度の角度付けが可能。
折れたGNソードも刃の部分を通常の元と組み替える方式。
刃が白色成型なので、塗る必要はあるが。

他にも各所でダメージを表現したパーツと差し替える。
成型の関係で傷はそれ程深くはないので、もっと手を加えたくなるが。

MGエクシア(リペア)その4
ちなみにキット的なノーマル→リペアの違いは以下の点。
●取り外し:
左腕、右肩ケーブル、右胸アンテナ、左胸ダクトのフィン、左フロントスカート、
右ひざアーマー、両足GNコンデンサ(緑のクリアパーツ)、両足足首アーマー、
右足アンクルガード、GNビームサーベル/ビームダガー全て

●付け替え:
頭部、左腕マント、コクピットハッチ、GNソードの刃およびジェネレーターのカバー


リペアでの弱点は、胸アンテナのヒンジが丸見えなのと、
脚のGNコンデンサが無色クリアだけだとすぐに外れる事か・・・
あと、総合的な欠点としては、リペアにするとメッキパーツが浮いてしまう事かな・・・
通常はピカピカ、リペアはボロボロに仕上げた方が栄えるので、
どっちの形態で飾るかで、仕上げ方も変わってくるだろうし。

流石に通常版買って2通りに仕上げる事は、本体には体力・精神的に無理だ・・・w
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mycenae.blog69.fc2.com/tb.php/226-0283a41d
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。