FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HGUCグフカスタム

2010年11月08日 21:45

ノーベルガンダムHGFC化ねぇ・・・<挨拶

しっかし、my新携帯のカメラが思ったより性能低いなぁ・・・
画素数も高いし、AFも付いている。
なのに、撮れ具合は前のより劣りすぎだな・・・
もうちょっと色んなモードを試してみたいが、改善の可能性は低いかなぁ・・・

HGUCグスカスその1ちなみに実物は写真よりもうちょっと明るい色です。

旧HGで高い評価があり、巷では
このキットの成功を機に、HGUCシリーズが始まったとも言われている機体。
そんな機体が、12年の時を経てHGUCに初登場。
HGUCグスカスその2

特徴的な装備の重さに耐えられるように、肩の根元にはロック機構を仕込んである。
かみ合わせる事で、重い装備を構えたまま飾るのに困らない。
ただし、噛み合わせを忘れたまま腕を動かそうとして、ロックピンをねじ切らないように
HGUCグスカスその3
ちなみに動力パイプは軟質樹脂製。腹部分割でそこそこは動く。
フロントスカートも稼動はするが、足の稼動域はあまり変わらないかも。
あと、構造上、左右別稼動可は難しいかな。
腹部コクピット部の黄色い部分はクリアパーツで成型。
ここよりモノアイやセンサーに使って欲しかった所ではあるが・・・

ちなみに足首は、ザクみたいな変態稼動は流石にしませんがw
まぁ、それでもよく動くけどね。

外付けタイプに変わった、3連装35mmガトリング砲(写真上)
取り付けの為に左腕前腕にピンが付いているのが残念ではあるが。
HGUCグスカスその4
今回は豊富な手首パーツ(写真下)
握り拳、武器握り手が左右両方付属。プラス右平手付き。
左の握り手は武器保持のための溝付き。
上はヒートロッドの先端部。アンカーが開いた状態と腕収納時の2種付属。

そしてグフカスの特徴的なガトリング・シールド
HGUCグスカスその5

ガトリング砲との接続、ヒート・サーベルの収納に加え、今回は換装を完全再現
HGUCグスカスその6分解して従来のグフシールドにする事も可能。

HGUCグスカスその7
と言う事でHGUCグフVer.2.0をでっち上げてみるテスト。

ちなみにガトリングの給弾ベルト(軟質樹脂製)のランナーには、
「グフカスタム」「グフフライトタイプ」の文字が書いてあり、これはもしや・・・
と思いきや、実は旧HGと全く同じランナー使用と言うオチでした・・・orz

ヒート・ロッドは展開状態をリード線で再現。
HGUCグスカスその8
グフのミミズより、個人的にはこっちの方がリアリティがあって好きですがね。
いずれ収納まで完全再現される日は来るのでしょうか・・・?
あと、毎度の事ながらアクションベース2に対応

最後に傑作と言われた旧HGとの比較
HGUCグスカスその9左:旧HG 右:HGUC
HGUCの方がスラッとしたイメージだが、上腕や太ももは旧HGよりガッチリしてる。
HGUCグスカスその10
旧HGも傑作とは言え、胴体の青い部分は前後のモナカ割り2パーツ構成だったり、
ガトリングシールドは単色成型で分離は出来なかったりと、
やはり12年前のキットと言う時代は感じてしまいますが。

しかし、HGUCの方の肩アーマーのトゲがちょっと違和感ありすぎな形なのが・・・
後は、相手となるEz8が出てくれればね・・・
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mycenae.blog69.fc2.com/tb.php/255-ca6fbbb7
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。