スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MGダブルオーライザー

2011年07月24日 14:40

どうも、6月からすでに猛暑日連発この夏の電力不足が心配な昨今、
とりあえずこの状況を打破する為にも、一日も早いGNドライヴ実現
も●もボックスでお願いしたい今日この頃、いかがお過ごし?


そんなこんなで、発売から2ヶ月近く経ちますが、今回はコイツをば。
ガンダムの新作が発表されたタイミングで、コイツが出るのも
何かの縁なのか、それともただの狙いなのか・・・
とにかくMG化を望んでいた人は多く、
PGじゃ流石にデカ過ぎ、と思っていた本体にも待望のキット化。

MGダブルオーライザーその1
ダブルオーガンダムオーライザーが合体したのがこのダブルオーライザー


MGダブルオーライザーその2ダブルオーガンダム
エクシアとOガンダムのGNドライヴを使用したツインドライヴを採用。
・・・と言うか、MGエクシアのGNドライヴを見ると、
これがどうやって肩に収まるのかは激しく謎ですが・・・

ビッグワイp・・・もとい、オーライザー
MGダブルオーライザーその3MGダブルオーライザーその4
元々は支援機でツインドライヴを安定させる役割を持つ。
ちなみにオレンジの部分はセンサーでコクピットではない。
展示用のランディングギアの展開を差し替えで表現。

コクピットハッチはそれぞれ開閉を再現。
MGダブルオーライザーその5オーライザーの方にはハロも再現。

MGダブルオーライザーその6GNドライヴの稼動も抜群(写真左)。
合体後のバインダーの重みも、肩のスイッチ(写真右)で上げた状態の保持が可能。
バインダー自体がが抜けやすいのが難点かな。


武装は前期・後期の装備をすべて搭載。
MGダブルオーライザーその7MGダブルオーライザーその8

・まずはGNソードII
 ライフルモード(1a)・ソードモード(1b)・更にビームサーベルモード(1c)の3形態になる。
 銃身(刀身)の回転は差し替え式。溝のおかげで各形態で安定。
MGダブルオーライザーその9更には接続パーツで連結状態も再現可能。
 専用パーツで腰へのマウントも可能。
GNシールド(2a)
 分割・合体も再現(2b)。青い部分は差し替え式。
 腕だけでなくオーライザーのバインダーにもマウント可能。
GNビームサーベル(3)
 リアスカートにマウント。
 設定では刃の長さを調節してGNビームダガーにもなるが、
 今回付属の刃はサーベルのみ。ダガーはMGエクシアのを流用して再現しよう。
・そしてGNソードIII
 ライフルモード(4a)とソードモード(4b)の変形も再現。
 ただし、グリップ部分は持たせづらく、ソードモードで飾るのはかなり無理がある・・・orz
 更には巨大なビームサーベルとも言えるライザーソードの刃も付属。
MGダブルオーライザーその10ライザーソード
かなりの迫力があるが、その分重いので、本体の場合は肩の保持力はいいものの、
上腕の部分が重さで回転してしまい、持ち上げた状態での展示は厳しい。
個人的には、もうちょっとハッタリきかせて、大きくして欲しいけどねぇ・・・
MGダブルオーライザーその11専用パーツでオーライザーへのマウントも可能。
ジョイントパーツ自体はソードIII自体に直接差し込むので、
これを利用して、ソード自体をスタンドで支える方法もアリかも・・・

手首パーツは従来の中~小指連動の物と、
指部分の差し替えで握り拳と武器持ち手を表現できる物と左右2タイプ付属
これもポロポロ外れやすいような気が・・・

MGダブルオーライザーその12フル装備状態


そしてGNドライヴの発光を再現すべく、LEDユニットが付属
・・・ただし、付属と言っても1個のみ
まぁ、キット自体パーツが多くて値段が高めなので仕方ないのか・・・
そんな人は、説明書内にユニットの追加申込書があるので、注文してみよう。
1個700円+送料。期間限定らしいので注意。

ちなみに、ユニット自体はMGエクシア(イグニッションモード)の物と
同じ
なので、そっちから流用するのもいいかも。
ちなみに無印1/100の00のLEDはそのままでは入らないので要改造。

エクシアの物も使って、左半分だけ光らせてみる。
MGダブルオーライザーその13
ちなみに、バインダーのGN粒子散布口の開閉ギミックは今回が初だそうで。

光る場所は、頭(ユニットは胴体に)、GNドライヴx2、
オーライザーのバインダーx2の計5カ所
写真では光漏れ防止シールを貼ってないので、余計な所も光ってますが。
頭に関しては目とかを光らせるために、首がいつものボールジョイントではなく、
クリアの棒パーツなので、首の角度付けがいまいちなのが弱点かな。
あと、ユニット仕込む為にコクピットが激狭になってる気も・・・

また、劇場版で登場したバージョン用のパーツも付属。
MGダブルオーライザーその14
GNドライヴに変わるGN粒子貯蔵タンク(写真左)
これにもLEDユニットを内蔵可能。
オーライザーのセンサーも無色のシボ(要は曇りガラス)加工が(写真右)。


気になったのは、武器持ちにしろ、ポーズ決めにしろ、全体的に保持力が弱い事かな。
PGでは肩や肘などにクリック関節を使用していたが、
MGでは一切使ってないので、その分弱く感じる。
その中でもアクションベース接続パーツの弱さは致命的かも。


この後はおそらくトランザムバージョンでも出るかと思いきや、
9月にまさかのセブンソード/Gの発売決定
ただ、GNソードIIIよりも明らかに重そうな武器もあるから、
関節今のままじゃ持てない危険性もあるような・・・

まぁ、飾った時の存在感はバツグンなんで、00好きなら是非どうかな?


しかし、飾る際、GNソードはIII持たせるか、それともII二刀流で行くか・・・(;´Д`)
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mycenae.blog69.fc2.com/tb.php/272-fad62aeb
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。